説明会交流会    オフショア開発    中国語サイト






































資料のご請求はこちらへ
<<< 病歴管理と他部門システムの連携図 >>>
 
<<< 導入効果 >>>

病歴管理21を導入する効果。。。

1、病歴室業務の一元化、標準化及び効率化の実現
  @分散している部署や担当者は同じ機能及び画面を使って、患者様の病歴情報を操作する
  ことによって病歴業務の一元化ならびに標準化することができます。
  A分散している部署や担当者は同じ患者情報、病歴情報をシェアできますので、
  病歴室業務はよりスムーズかつ効率よくできます。

2、病歴管理と院内の部門システムはスムーズに連携できます
  @電子化及びWebベース化の実現により各部署に分散している医者や看護師はリアルタイム
  かつ同時にブラウザー画面から患者様の病歴情報を閲覧できますので、分散管理する必要
  はなくなります。
 A入院中の記入された医師診断、治療結果及び看護内容はリアルタイムに病歴管理システム
  へ流され、同じデータを再入力する手間は必要ありません。院内の各部門システムの
  データ有効利用につながります。

<<< 特 徴 >>>

1、Webベースで導入簡単
  病歴管理21はLANやインターネット環境での情報交換・情報共有を視野に開発された病歴管理システムです。手軽に導入でき、運用時の管理も簡単です。クライアントPCには専用アプリケーションやソフトウェアをインストールする必要はありません。Webブラウザーのみで運用できます。

2、オープンソースを利用
  avaやPostgreSQLなどのオープンソースを利用して開発されたWebベースの病歴管理ステムです。導入時に別途DBやアプリケーションサーバを購入する必要はありませんので導入費用は安く抑えられます。

3、ご利用できるクライアント数の制限
  病歴管理21はサーバ1台にて稼働できまます。Webベースアプリケーションのため、クライアントの接続数の制限はございません。院内の至るところからLANにさえ接続すれば、簡単に接続できます。

4、複数の病歴情報を管理
  一患者対して、入院履歴・転科・病歴・検査・手術・処置、サマリー等と共に全履歴を記録できます。

5、 MEDISの医療情報マスタをサポート
  病名コードは、ICD10を採用。(『診療録管理体制加算』申請条件の『疾病分類はICD大分類程度以上とした入院患者疾病統計ができる』ことを満たしています)。手術・処置分類コードはICD9−CMを採用。病歴情報の登録は簡単にできます。

6、様々な病歴検索方法をサポート
  入退院区分、主治医、通院先、紹介元、主・副病名、手術名、検査名などの検索ができます。検索した結果をCSV、PDFファイルへの出力は可能です。

7、他システムから情報を取り込むことが可能
  他のシステム(医事会計、電子カルテ、病床管理など)から患者基本情報、病名情報、医療費情報などを取り込むことにより、入力作業の軽減及び一層の情報活用をはかることができます。

8、様々な統計帳票が出力できる
  『診療録管理体制加算』の申請に必要とされる帳票を網羅しています。例えば、入退院患者数、手術件数、平均在院日数等の統計資料を出力できます。




ご利用規約&商標 | 日本での個人情報の取り扱い | サイトに関するお問い合わせ
Copyright(c) 1998-2016  株式会社 ジー・アイ・エス All rights reserved.