説明会交流会    オフショア開発    中国語サイト






































資料のご請求はこちらへ
1、医療支援21の構成図

2、三大特徴:ERP製品、WEBベース、WEB機能。

医療支援21は經營資源の有效利用を最優先に考え、統括的な管理方式により病院の有效經營に達し、最終的には医療の效率アップ、 サービスの品質を改善し、病院の利益を上げる事にあります。その他に、医療支援21 ERPシステムの利用により正確な医療情報をリアルタイムに提供し、管理者或いは經營者が迅速な指示を出せるよう手助け致し、より良い經營目標に達することが出来ます。その特徴は下記の通りです。

1、病院全体の經營資源を考慮に置き、開發し得たERPシステム
  医療支援21はその都度のニーズに合わせて導入。導入のコストを下げ、短期間の作業時間は病院の經營管理に必要な政策決定に最も適しているシステムです。

2、Webを基準としているため、導入が簡単
  院内LANは無論、Internet環境上にてデータの交換や院内のデータを共有出来ます。導入が簡単でしかも管理がし易く、操作者のパソコンには「Webモニター」さえあれば運用出来ます。

3、院内各部署へリアルタイムな入院患者状況データや、空床状況及び各種医療看護情報を提供
  病棟レイアウトより一目瞭然にあらゆる患者様の入院状況(在院、外宿)、病床状況を把握。さらに、患者様の異動或いは他の空床を予約した際、データはリアルタイムに更新され、病棟レイアウトに表示されます。各病棟の看護ワークシート、食事オーダ予約状況も常に変更が出来検索する事が出来ます。

4、看護業務の効率向上(業務系効率・病院経営情報)
  医療支援21では絵によって病床管理を行います。病院の病棟レイアウトの表示により、病室全体が一目瞭然の他、マウスにより患者の入院処理(入院待ちから入院へ)、病室の移動等を行います。看護士は患者の入退院、病床予約、移動及び食事オーダ等の操作が楽に出来ます。さらに病棟レイアウトからも直接看護支援システムにアクセスし、各項目の医療活動の指示及び処置の操作が出来ます。作業全体の流れが明確の上、操作が楽です。

5、院内医療システムとの接続(医事会計、オーダリングシステム)
  医療支援21は医事会計、オーダリングシステムと連結するためのI/Fがあり、他社システムとの連接が非常に簡単。

6、経営管理者にとって高度利用価値の統計資料帳票(統計資料)
  病床管理、看護管理、食事オーダ管理、勤務管理等各機能による統計帳票は常に管理者に政策決定に必要な分析、参考資料を提供します。

3、医療支援21の機能ハイライト

1、患者管理:基本情報、保険情報、保護者情報、外来予約、アナムネ、入院歴、既往歴、入院経過、検査記録、手術歴、診療記録、退院サマリー、各帳票出力(紹介状 、診断書など)

2、看護支援:アナムネ記録、アセスメント、看護診断、看護計画、看護指示・処置、カーデックス、ワークシート、経過記録、実施入力、バイタル(温度板)、看護サマリー 、各帳票出力

3、病床管理:入院予約、次回入院予約、ベッド移動(転床、転室、転棟)、外出・外泊・帰院、食事管理、救急区分、感染床、隔離室、空ベッド管理、ベッド予約シミュレーション、占床率計算、平均在院日数、病棟日誌、看護管理日誌の作成、各帳票出力

4、看護必要度管理:看護必要度の算定、評価項目作成・追加、評価表作成・追加、各集計帳票、及び部門システムとの連携機能がサポートしております。

5、病歴管理:患者病歴情報の一元化管理、MEDISの医療情報マスタをサポート、Webベースで導入簡単、オープンソースを利用、ご利用できるクライアント数の制限

6、勤務管理:勤務条件/勤務パターン登録、勤務作成(希望、予定、実績)、週間勤務予定、月間勤務予定、自動計算機能、勤務実績、各種チェック機能、有休管理、タイムカード管理、各帳票出力

7、給食管理:食種、食形態管理、献立管理、食事オーダ、食事締切り管理、食箋入力、給食台帳、食事配膳、各帳票出力

8、手術管理:手術予約、変更及び取消、手術の申込み、手術の経過記録、オペ室予約との連動、施設予約との連動、入院ベッド予約、各統計帳票出力、病歴管理への実績反映

9、施設予約管理:施設、変更及び取消、ドラッグ&ドロップ操作、スケジュール管理と手術管理の連動、各統計帳票出力

10、スケジュール管理:スケジュール登録、変更及び取消、勤務管理との連動、手術予約との連動、各統計帳票出力

11、持ち歩ける問診支援システム:外来の問診表や看護のオーダ(ワークシート)実施結果をそのまま記録します。
記録した結果を看護支援や診療情報に読み込まれ、DBに反映されます。メリットは高価なPDAや専用業務アプリは必要ありませんし、問診表やワークシートのフォーマットも自由に作成できますので、さまざまな利用方法ができます。


ご利用規約&商標 | 日本での個人情報の取り扱い | サイトに関するお問い合わせ
Copyright(c) 1998-2013  株式会社 ジー・アイ・エス All rights reserved.